紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

焼き芋屋は移動販売車の営業場所で明暗が決まる?売れる場所の探し方

 

焼き芋屋は移動販売車の営業場所で明暗が決まる?売れる場所の探し方

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

移動販売車の焼き芋屋さんは営業場所ですべてが決まるといっても過言ではありません。

 

もちろん場所選びに失敗すると大切な開業資金を無駄にすることになりますが、営業場所を選ぶ際に念頭に置きたいのが営業時間です。

 

営業時間によってよく売れる場所が違います。

 

どのような時間にどんな場所で営業すると売り上げが上がりやすいのでしょうか?

 

営業時間を決めよう

 

焼き芋屋さんはさまざまな場所で見かけますが、場所によってよく売れる時間帯は違います。

 

自分が、どの時間に焼き芋屋さんとして働きたいか?または働けるのかによって儲かる営業場所が変わるのです。

 

例えば小学生以下の子供がいる主婦の方なら日中のみという人もあるでしょう。

 

一方で、本格的にビジネスとして立ち上げたいので一日中いつでも働きたいなどという方もいます。

 

また、週5日平日のみや週6日休日も働きたいなど、働く日数も大切です。

 

また一日当たりの労働時間も個人の事情に合わせて設定します。

 

要するに、働ける時間帯に人出の多い場所を考えるのが場所選びの最初のステップで、この時、気を付けたいのは無理な設定をしないことです。

 

確かに営業時間が長いほどチャンスはつかみやすくなるような気がしますが、営業時間が長ければ長いほど疲労の度合いも激しくなり、人出のない時間帯に時間を空費するのは精神的にも非常に疲れます。

 

その上移動販売車は稼働状態を続けなければならないので経費も掛かってきます。

 

どんな時間帯に営業するのかをしっかり考えるのが儲かる焼き芋屋さんになるための最初のステップです。

 

無理をして睡眠時間や食事時間を削ったりしていては、やがては健康状態に悪影響が出てきてしまいますので、これでは本末転倒。

 

ただし、自分が決めた時間帯にこだわりすぎて柔軟性をなくすと大切なビジネスチャンスを逃してしまいます。

 

無理をしないレベルの柔軟性が必要ということです。

 

 

 

 

営業時間が決まれば営業スタイルを決めよう

 

営業時間が決まれば営業スタイルも決まってきます。

 

ランチの時間帯に集中的に販売する<ランチ出店>は、ショッピングモールやオフィス街などの昼食時間を狙う営業方法です。

 

ショッピングモールや大型スーパーなどでは移動販売車を誘致していることもあり、オフィス街なら営業場所はビルの駐車場や店舗の空き地などが狙い目です。

 

ショッピングモールや大型スーパーなら、家族連れが多い休日は繁忙日になりますので、その場合はランチタイムだけではなく、その後も相応の売り上げが期待できます。

 

一方でオフィス街は、売り上げは平日のランチタイムに集中し、休日は閑散としていて営業は厳しくなります。

 

ランチ出店の場合、商業施設やオフィス街以外にも大型団地や工業団地などでも売り上げが期待できます。

 

次に、<イベント出店>はその地域の自治体や商店会、企業などが企画するイベントに出店する方法です。

 

多くのイベントは休日が中心になります。

 

ランチタイムはもちろんですがイベントの人出が多い時には一日中多忙なこともあります。

 

休日に働くことができるならイベント出店は大きな成果が期待できる営業スタイルです。

 

<買取出店>は集客の一環として遊技場や展示場などに出店する方法です。

 

住宅展示場、携帯ショップ、ゲームセンターやパチンコ店などが営業場所になります。

 

この場合には、出店場所提供者が一定の数量を買い取る契約をしてくれるのでとても魅力的です。

 

このような出店でもランチタイムが主になりますが、人出の状態では一日中多忙になることもあります。

 

買取出店も休日が最も繁忙になります。

 

イベント出店や買取出店の場合には営業時間は主催者や企業の方針に従います。

 

早朝から夜になることもあるので家庭や他の営業場所との時間の調整が大切です。

 

 

 

 

営業スタイルを決めたら候補地を決めよう

 

 

候補地選びで意外に大切なのが自宅との距離で、言うまでもなく、遠ければ遠いほど時間と燃費がかかりますし、通勤にあまり長い間かかっていると営業時間が短くなってしまうこともあります。

 

通勤時間も拘束時間のうちと認識しましょう。

 

移動販売車の焼き芋屋さんは身体を壊しては続けることができませんので、自分自身の身体も大切なビジネス資本とわきまえることが大切です。

 

候補地を見つけたら、まずはその地域に行ってみましょう。

 

オフィス街なら、そこで働く人の身になって、お昼時にその地域を歩いてみましょう。

 

多くの人がランチを買うために出歩いていればそこにはランチ出店の需要はあると考えられます。

 

店舗に空き地はないか、ビルの前や横に空きスペースがないか、などこまめに見て歩きます。

 

特に高層ビルなどはそこで働く人の人数が多いのでねらい目です。

 

またランチタイムの集客に成功している雑貨屋さんや文房具屋さんの一角なども、たくさんの人の目に触れることができます。

 

こういった場合には、お店の人やビルの管理者等に出店させてくれそうな状態かどうかの聞き取りをしておくと二度手間にならず効率的に動くコツです。

 

先方の邪魔にならないような時間帯に顔つなぎをしておくと後の話が通りやすくなります。

 

ランチ出店の場所はオフィス街だけではなく工場街や工業団地なども売り上げが期待できます。

 

休日営業に興味があるならできるだけたくさんのイベントをのぞいてみましょう。

 

イベントごとの集客数を調べておくと参考になります。

 

イベント出店をしたい場合には、出店希望者が登録できるサイトがおすすめです。

 

サイトごとに様々な情報を載せています。

 

こまめにチェックして登録しておきましょう。

 

イベント出店や買取出店は一度出店すると、次のイベントにも声がかかることが多いものです。

 

出店実績が次の出店のチャンスにつながるのです。

 

 

 

 

近場の地域を組み合わせると効率的に営業できる

 

候補地が決まってくればその中でも特に有利そうな場所を考えましょう。

 

人出の多さは売り上げと大きく関係します。

 

人数が大きければ大きいほど需要も高まります。

 

ただし、いかにも好立地と思える場所は競合店も多いものです。

 

また賃貸料などの経費も高くつきます。

 

人出の多い地域でも競合店が多い地域の場合、一軒当たりの集客数が少ないこともあります。

 

そういった地域で移動販売車を見かけたら、そのお店をよく観察することも大切です。

 

とても忙しそうであれば、その地域で出店しても集客できる可能性があると思えます。

 

もし、あまり稼働していないようなら、その地域にそれ以上出店しても多くの集客数は期待できないかもしれません。

 

実際にそのお店で商品を購入して店の様子を確かめてみましょう。

 

聞けるようなら話を聞かせてもらうととても参考になります。

 

ただし、お客さんがいるときにビジネスの中身の話をするのはマナー違反です。

 

十分に注意しましょう。

 

場合によっては少し中心部を離れたところで他に出店している人がいない場所の方が集客率がいいこともあります。

 

もし、ランチタイムだけでは売り上げが足りない場合には、近場の工場地域や公園などと組み合わせる方法も考えられます。

 

オフィス街ではランチタイムが主な休憩時間ですが、工場や建築現場などでは3時に休憩時間を挟むことがよくあります。

 

この時間に間食をする人はとても多いのです。

 

近場でこういう場所を見つけておくと効率的に営業ができます。

 

近場の営業場所をうまく移動できることこそが移動販売車の大きな魅力です。

 

 

 

 

柔軟に考えて複数の営業場所を組み合わせよう

 

いつも決まった場所に決まった焼き芋屋さんが出店しているというのは、常連さんを作る第一歩です。

 

しかし、延々と人のいない時間をつぶすのは不合理です。

 

複数の地域を時間を決めて移動することなども考えながら行動することで儲かる焼き芋屋さんに成長することができます。

 

移動販売車の営業の最も魅力的なところは移動できるということです。

 

 

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

屋号 Happy Farm
住所 〒289-0113
千葉県成田市倉水76
電話番号 070-8378-6714
お客様専用番号ですので営業のお電話はご遠慮ください
営業時間 9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 菅澤 喜弘 (スゲサワ ヨシヒロ)
E-mail info@happyfarmsp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

〒289-0113
千葉県成田市倉水76

070-8378-6714

営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日