紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

焼き芋屋の移動販売で失敗するケースと成功させる5つのコツ

 

焼き芋屋の移動販売で失敗するケースと成功させる5つのコツ

 

 

この記事を読むための時間:5分

 

焼き芋屋の移動販売で成功すれば、それで生計を立てていくことも不可能ではないでしょう。

 

しかし、移動販売は起業に大きなリスクを伴います。

 

焼き芋の移動販売も例外ではありませんが、防げる失敗を防ぐための対策を立てておけば、リスクを減らし、成功する確率を高めることができます。

 

ここでは、よくある失敗例と成功させるためのコツを説明します。

 

 

 

焼き芋の移動販売を始めるまでに必要なこと

 

焼き芋の移動販売を始めるためには、様々な手続きを踏み、開業に必要なものを準備する必要があります。

 

失敗例について説明する前に、前提知識として、焼き芋の移動販売を開業する上でやるべきことについて説明します。

 

まず、移動販売に必要な機材を揃えます。

 

具体的には、店舗代わりになる移動販売車、焼き芋を調理するための業務用焼き芋機、販売促進用の提灯や幟、会計に必要なレジといったものです。

 

また、焼き上がった焼き芋を保存するための保湿機も用意するのが好ましいです。

 

移動販売車は、購入する他に、レンタルする方法もありますが、焼き芋の移動販売を長期的かつ継続的に行うつもりならば、購入が望ましいでしょう。

 

これらの機材を揃えるためには、概ね165万円から285万円が必要資金の相場となりますので、自分の貯金から捻出したり、金融機関や日本政策金融公庫などから融資を受けて、機材を揃えるための資金を調達しましょう。

 

資金を準備し、機材を揃えたら、焼き芋屋を始めるための手続きを行います。

 

とは言っても、

 

食品衛生法では、農産物に簡易的な加工を施すのみで販売する場合の営業許可は不要と定められているため、焼き芋屋に関しては、一般的な食品販売に必要な食品衛生法上の販売許可を取る必要はありません。

 

必要な手続きとしては、路上で販売を行うために所轄警察署にて行う道路使用許可申請と、移動販売車内で焼き芋の加熱調理を安全に行うため、運輸局で行う車両検査の2つです。

 

焼き芋屋で生計を立てるならば、税務署へ開業届と青色申告承認申請書を提出することも考えておきましょう。

 

あるいは、焼き芋屋のフランチャイズに登録してフランチャイズ店舗として活動することも考えられます。

 

これらの準備を経て、ようやく焼き芋の移動販売を行うことができるようになります。

 

 

 

 

焼き芋の移動販売を行う上での失敗事例

 

焼き芋の移動販売を始める準備の過程で、いくつか失敗しやすいポイントがあります。

 

まず、移動販売車選びを行う上での失敗です。

 

大型の車を選んでしまい、販売エリアに向かう通り道となる狭い路地に入ることが出来なかったり、費用を抑えるために軽ボックスタイプの販売車を選んだ結果、長時間の販売により肩や腰、膝に負担がかかり、痛めてしまったというケースが考えられます。

 

事前にキッチンカー販売業者と詳細を詰めたり、レンタルサービスなどを利用して試運転をするなど、自分の販売スタイルや状況に合わせた移動販売車を選ぶ必要があります。

 

他の失敗ケースとしては、販売スペースの確保ができなかった、というものもあります。

 

公道で車を停めて販売する場合以外に、私有地や駐車場に乗り入れて販売したい場合に、土地を所有する地主や駐車場の所有者との交渉が難航したり、他の移動販売業者におさえられていて、使おうと思っていたスペースが使えなかったりする場合も考えられます。

 

私有地の候補は複数立てて、他の移動販売業者におさえられる前に契約の交渉に入るなど、迅速に行動するようにしましょう。

 

また、調理に使用する焼き芋機がLPガスを使用するタイプの場合は注意が必要ですが、LPガスは移動販売を前提として使用する場合に契約を断られるケースが多いため、契約先を見つけることが非常に難しいのです。

 

対策としては契約先が見つかるまでガス会社探しを粘ることも一つの手ですが、予め自宅などの拠点で焼き芋を作って、保湿や保温を行いながら売る形で妥協することも考える必要があります。

 

それから、自分が思うように収入を得られなかった、収入を移動販売車の改造やフランチャイズのロイヤリティなどによる支出が上回り、赤字になってしまったなど、収支に関して失敗するケースもあります。

 

とりわけ、移動販売車の改造については、8ナンバーへの改造を勧めてきたり、不要なキッチン設備や後付のバッテリーを搭載するように勧めてくるキッチンカー販売業者も存在し、結果として改造費用が高騰する場合もあります。

 

複数の業者から見積を取り、最低限必要な設備を予めリストアップして、それ以上のものは基本的に搭載しない、おかしいと思ったら業者にすぐ確認を取り、不要な改造は毅然として断るようにするなど、対策をしっかりと講じておきましょう。

 

 

 

 

焼き芋の移動販売で成功するための5つの秘訣

 

 

移動販売を成功させる上で、5つのポイントをおさえておくようにしましょう。

 

第1に、販売エリアは複数持つようにしましょう。

 

移動型の店舗にとって、販売エリアを自在に設定できることは強みです。

 

人が多く集まる地域や、足を止めて焼き芋を買いやすい地域などを複数決めて、季節や時間帯に応じて販売エリアを変えながら営業すると、多くの人に買ってもらいやすいです。

 

また、先述したように、私有地や駐車場に乗り入れて販売する場合も、事前に候補を複数立てて利用許可の交渉に臨むことで、販売エリアそのものの確保がしやすくなります。

 

第2に、お客さんからの見え方を意識しましょう。

 

焼き芋の移動販売と言えば「石焼き芋~」のメロディです。

 

販売の際にこのメロディを流すことで、お客さんの購買意欲を喚起させます。

 

もちろん、音声を流す際には近所迷惑にならないよう、ほどほどの音量で流すようにしましょう。

 

また、車体に提灯や幟をつけて、焼き芋の移動販売であることをアピールすることも大事です。

 

焼き芋屋として注目を引くことで、お客さんも集まりやすくなります。

 

第3に、季節に応じてメニューを変えましょう。

 

焼き芋が売れやすい時期としては、10月から4月頃の秋口から春先にかけての季節です。

 

夏場も売れますが、季節に合わせて、かき氷やわらび餅などを売るようにするとよいでしょう。

 

焼き芋一本で勝負したい場合でも、焼き芋アイスや焼き芋パンケーキのように、メニューにバリエーションを持たせれば、お客さんのニーズに応えることも不可能ではありません。

 

第4に、SNSを活用しましょう。

 

TwitterやFacebookのアカウントを開設して、いつ、どこで売るのかを事前に予告、フォロワー限定で割引キャンペーンなどを展開すれば、お客さんも集まりやすくなります。

 

SNSの拡散力は高いため、良い評判が広まれば、リピーターがつくことも期待できます。

 

第5に、焼き芋以外の収入源を持っておきましょう。

 

移動販売は経営を安定させるまでが至難の業であり、専業一本でスタートさせることはおすすめできません。

 

他のビジネスを営んだり、アルバイトを行ったり、経営が軌道に乗るまでは独立せずに会社勤務の副業とするなどの手段がおすすめです。

 

収入源が複数あれば、焼き芋屋の収益が悪化した場合でも安心です。

 

また、それが焼き芋屋の経営を長続きさせることに繋がり、長い目で見れば固定客を確保するチャンスが増え、安定した経営を行うことが期待できます。

 

 

 

 

失敗を恐れてはいけない

 

ここまで、よくある失敗例や成功のコツを説明しましたが、ここで説明した以外にも焼き芋の移動販売を行う上では様々な失敗をするリスクが付きまといます。

 

今回説明した失敗ケースは、対策を立てておけば防げるものばかりですが、中には防ぐことが難しい失敗もあります。

 

しかし、失敗は成功の母という言葉があります。

 

失敗しても、その経験を次に活かして、成功への道を見つけましょう。

 

 

「業務用」紅はるかM(さつまいも)10kg

通常価格

4680

(税込)
購入はこちら

全国送料無料でお届け

今ならご注文の翌日発送可能です

商品紹介

人気の「熟成 紅はるか」のお買い得品!! 多少の曲がり、皮むけ、傷などがありますが、美味しく召し上がっていただけます。 ご自宅で思う存分お楽しみいただけるお買い得品です(*^_^*) また、焼き芋屋さんやイベントで焼き芋をやる際にもお得で便利な商品です。 焼き芋にお手軽なMサイズ(200〜300g)のお芋が40本前後入っています。 1…

「ご自宅、業務向け」紅はるかM(さつまいも)5kg

通常価格

2980

(税込)
購入はこちら

全国送料無料でお届け

今ならご注文の翌日発送可能です

商品紹介

人気の「熟成 紅はるか」のお買い得品!! 多少の曲がり、皮むけ、傷などがありますが、美味しく召し上がっていただけます。 ご自宅で思う存分お楽しみいただけるお買い得品です(*^_^*) また、焼き芋屋さんやイベントで焼き芋をやる際にもお得で便利な商品です。 焼き芋にお手頃なMサイズ(200〜300g)のお芋が20本前後入っています。

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

屋号 Happy Farm
住所 〒289-0113
千葉県成田市倉水76
電話番号 070-8378-6714
お客様専用番号ですので営業のお電話はご遠慮ください
営業時間 9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 菅澤 喜弘 (スゲサワ ヨシヒロ)
E-mail info@happyfarmsp.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

特集

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

〒289-0113
千葉県成田市倉水76

070-8378-6714

営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日