紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。2kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

プランター栽培のコツを徹底解説!|家庭菜園におすすめな野菜もご紹介

 家庭菜園に使うプランター

 

畑や広い庭がなくても野菜を育てられるのが、プランター栽培の魅力です。しかしうまく育てられるかどうかが心配で、なかなか始められない…という方も多いのではないでしょうか。この記事ではプランターの選び方のポイントや苗を植える手順、栽培のコツなどをご紹介します。家庭菜園に初めて挑戦する方が、プランター栽培で育てやすい野菜についても解説しているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

この記事を読むための時間:5分

家庭菜園で使う、プランターの選び方は?

ここでは、プランターの選び方を素材別にご紹介します。デザイン性で選ぶのも楽しいですが、素材によっても使い心地や野菜への影響は大きく異なるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

プラスチック製

この中でプランター栽培初心者の方におすすめなのが、プラスチックで作られたプランターです。プラスチック製のプランターは重量が軽く、力のない方でも動かしやすいことが最大のメリットです。またプラスチック製のものは比較的安くで購入できるので、初期費用を抑えたい方にもおすすめですよ。

木製

木製のプランターは素材の性質上非常に通気性が良く、野菜の根が活発に呼吸ができる状態を作り、土が蒸れにくいというメリットがあります。デメリットとしては重量が重いので土を入れたときに持ち運びがしにくくなる点です。

素焼き

素焼きのプランターは、通気性が良いため根腐れを防ぎ、野菜を育てるのに適した環境を作ることができます。また熱伝導率が低いことから気温の影響受けにくく土の温度を安定させることができますよ。素焼きのプランターは割れたり欠けたりしやすいという性質があるので、取り扱いには十分に注意しましょう。

陶器

陶器のプランターは見た目がおしゃれで、手触りがいいものが多いですが、焼く際に釉薬を塗っているので、通気性や透水性に少々難点があります。もちろん陶器のプランターは、土を入れたときにかなりの重さがあるので、運べるサイズにするか、動かさないでもいい場所に配置しましょう。

発泡スチロール

発泡スチロールは断熱性に優れた素材で、野菜の栽培に向いている素材です。ただし排水性や通気性はないので、プランターとして使用する場合には箱の側面や底面の部分に穴を開けておきましょう。ゴミになるはずだった発泡スチロールを再利用することで地球にもやさしく、環境保全につながります。またコストがかからないのも大きな魅力です。

プランター栽培に必要なもの

ここでは、プランター栽培を始めるのに、最低限必要なものをご紹介します

プランター

前述したように、プランターにはさまざまな素材があり、さらに形状やサイズなどもたくさんの書類が用意されています。植物が成長し広く根を張ることを想定し、少し大きめのものを選ぶと安心ですよ。

野菜を育てるのが初めての方は、植物に合わせてバランスよくブレンドされている培養土を使用することをおすすめします。自分で肥料などを配合する必要がないので、手軽に野菜の栽培をスタートすることができますよ。

肥料

植物の種類や状態によっては、途中で肥料を与える必要があります。水で希釈して使うタイプや、直接土に撒くタイプなどさまざまなタイプがあるので、野菜の種類や成長段階に合わせて選んでくださいね。

スコップ

スコップや移植ゴテは、植え付けの時に必要です。しっかりと握れる自分の手のサイズに合ったものを選びましょう。また土を触る際には、手袋の用意があると安心ですよ。

じょうろ

じょうろの選び方は、大きさや素材、インテリアとしての見た目など人によってさまざまです。植物のことを考えるのであれば細かく水が出るタイプのものをおすすめします

プランターに苗を植える手順をご紹介

ここでは、プランターに苗を植えつける手順をご紹介します

 

①プランターの底に鉢底石を入れます。

②プランターに培養土を入れます。この時フチから3センチ位下まで土を入れて、上部は開けておきましょう。

③培養土に穴を掘りましょう。

④野菜苗の根が傷つかないように注意しながら、そっと植え付けます。

⑤しっかりと土をかぶせたら、プランターの底から水が流れる位たっぷりの水を与えてください。

プランター栽培を行うときのコツは?

家庭菜園にしようするプランター

 

ここではプランターを使って野菜を育てる際のコツをご紹介します

野菜の種類に合わせたプランター選び

必要な大きさに満たないサイズのプランターを選んでしまうと、栽培に失敗してしまうことがあります。小さいプランターで育ててしまうと、野菜が思いきり根を張れず、成長に支障をきたしてしまうことや、十分な水分量を保つことができないためです。デザイン性に左右されずに、適したサイズのものを選んでくださいね。

水や肥料の適量を守る

野菜が育っていくのが楽しくなると、ついたっぷりの水や肥料をあげたくなるものですが、水やりや肥料は植物の性質に合わせた頻度で与えましょう

日当たりと風通しをよくする

野菜を健康に育てるためには、日当たりの良さと風通しの良さが重要なポイントです。もし日当たりが悪い場所で育てる場合には、プランターの高さや向きを調整して、できるだけ長い時間太陽の光が当たるように配置しましょう。ベランダで栽培する場合には、ガーデンラックを利用してスペースを確保するのもおすすめです。

病害虫対策を行う

病害虫対策は早めに行っておくことが重要です。月に一回程度は、殺虫殺菌効果のある薬剤をスプレーすることをおすすめします。防虫ネットを使用することや、日当たりと風通しを良く保っておくことも、病害虫対策につながりますよ。

家庭菜園初心者でもプランターで育てやすい野菜は?

ここではプランター栽培に向いている野菜をご紹介します。家庭菜園がはじめての方でも簡単に育てられるものばかりなので、ぜひ読んでみてくださいね。

ミニトマト

家庭菜園の定番ミニトマトは、プランターでの栽培にも向いている野菜です。ミニトマトの株は最終的には1.5メートルほどの高さになります。直径30㎝、深さも30㎝以上あるプランターを選びましょう。ホームセンターなどには、バラエティに富んだ品種の苗が揃っているので、ぜひ興味のあるものを選んで育ててみてくださいね。

枝豆

地植えのイメージが強い枝豆ですが、実はプランターでも十分栽培することが可能です。枝豆はまっすぐに根を張る性質があるので、幅65cm、深さが30cm程度のサイズのプランターを用意しましょう。野菜作り初心者の方は、栽培期間が短い品種を選ぶことをおすすめします。

さつまいも

プランター栽培できる作物のなかでイチオシなのが、さつまいもです。比較的害虫にも強く、あまり手をかけなくてもぐんぐん育ってくれますよ。プランターは幅70cm、深さ30cm、奥行30cm程度のサイズを選びましょう。通気性の良い土嚢袋などを使っても手軽に栽培することができるので、ぜひ挑戦してみてください。

まとめ

いかがでしたか。ランターの選び方のポイントや苗を植える手順、栽培のコツなどをご紹介しました

 

枝豆やさつまいもがプランター栽培できることを知って、驚かれた方も多いのではないでしょうか。他にもまだまだプランター栽培できる野菜や作物はあるので、興味を持った方はぜひ挑戦してみることをおすすめしますよ。その際は、栽培する野菜の健康のためにも、野菜の種類にあった素材や大きさのプランターを選んでくださいね。

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

屋号 Happy Farm
住所 〒289-0113
千葉県成田市倉水76
電話番号 070-8378-6714
お客様専用番号ですので営業のお電話はご遠慮ください
営業時間 9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 菅澤 喜弘 (スゲサワ ヨシヒロ)
E-mail info@happyfarmsp.com

コメントは受け付けていません。

特集

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。2kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

〒289-0113
千葉県成田市倉水76

070-8378-6714

営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日