紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。2kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

さつまいもの由来が知りたい!歴史とルーツを紹介

さつまいもの由来となった鹿児島産のさつまいも

 

食べ応えがあり、栄養満点でおやつにぴったりのさつまいもですが、そのルーツや歴史についてご存知でしょうか。そのルーツは、「さつまいも」と名付けられた由来と深く関わり合っています。今回は、さつまいものルーツや由来を紐解きます。

この記事を読むための時間:3分

さつまいものルーツについて知りたい!

さつまいもは、古くから日本で愛されてきた食材です。ここでは、いつごろ、どのように日本に伝わってきたのか、そのルーツについて詳しくみていきましょう。

さつまいもの原産地は?!

さつまいもの原産地は、日本から遠く離れた南米が原産地です。紀元前800年から1000年にかけて、アンデス地方で栽培されていたのが始まりだといわれています。

 

その後、15〜16世紀の大航海時代に、コロンブスの手によってヨーロッパをはじめとする世界各国に広がりました。とはいえ、ヨーロッパは、さつまいもの栽培には涼しすぎるため、その後栽培が定着することはなかったようです。しかし、スペイン人やポルトガル人の手によって、より栽培に向く東南アジアに伝えられ、さつまいもがさらに広まりました。

中国から沖縄を経て鹿児島へ

東南アジアから中国に伝わったさつまいもは、宮古島の役人の手によって、1597年に中国から初めて日本に伝わります。さらに、1604年には中国から琉球にさつまいもが伝わり、積極的に栽培されるようになりました。さらに、1705年には薩摩の船乗りが琉球から持ち帰り、いよいよ本州へとさつまいもが上陸することになるのです。

鹿児島から日本全国へ

鹿児島に伝わったさつまいもは、急速に日本全国に広がることとなりました。その普及に関わっているのが、徳川吉宗と青木昆陽です。1833年に江戸が飢饉に襲われた際、当時の将軍徳川吉宗は、西日本で主に栽培が行われていたさつまいもを関東でも栽培するよう命じました。

 

その命令を実際に実行したのが、「さつまいも先生」との異名をもつ儒学者である青木昆陽です。彼は、薩摩からさつまいもを取り寄せ関東で試験栽培を実施し、さつまいもの栽培を全国へと広げました。

さつまいもの由来とは?

さつまいものルーツや歴史がわかったところで、その名前の由来についてみていきましょう。

薩摩に最初に伝わったから

さつまいもの名前は、文字通り「薩摩」から全国に広がったことが由来です。江戸時代に、全国に広がった際に、「薩摩からきた芋」であることから、その名産地の地名がそのまま名称になりました。現在でも、さつまいもの全国生産量一位は鹿児島県であり、はるか昔から現在に至るまで、さつまいもの栽培に力を入れていることがわかります。

さつまいもの名称はさまざま!

さつまいものことを、日本国内の一部の地域では、「からいも」や「かんしょ」「琉球芋」と呼ぶ地域もあります。「からいも」は中国の芋という意味を表し、「かんしょ」は中国でのさつまいもの名称です。どの名前も、中国や琉球といった、さつまいものルーツに関わる名称となっていることにお気づきでしょうか。このように、さつまいもが伝わってきたルーツとなる地域名が、さつまいもの名称となっている場合もあります。

 

また、江戸時代にさつまいもが広がったばかりの頃には、「十三里」という名前で呼ばれていたこともあります。これは、当時の焼き芋やがつけた「栗(九里)より(四里)うまい十三里」というキャッチフレーズによってつけられた名前です。江戸っ子らしい洒落のきいたユニークな名前ですね。

まとめ

今回は、さつまいもの由来や歴史について詳しくご紹介しました。名前の由来には、さつまいものルーツや歴史が大きく関係していることがお分かりいただけたでしょうか。これらの歴史の流れを想像しながら、さつまいもを味わってみてはいかがでしょうか。

 

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm

『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。3kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

屋号 Happy Farm
住所 〒289-0113
千葉県成田市倉水76
電話番号 070-8378-6714
お客様専用番号ですので営業のお電話はご遠慮ください
営業時間 9:00~17:00
定休日:土・日・祝日
代表者名 菅澤 喜弘 (スゲサワ ヨシヒロ)
E-mail info@happyfarmsp.com

コメントは受け付けていません。

特集

紅はるか・さつまいも専門店|Happy Farm 『紅はるか』などのさつまいもを専門に作る千葉県成田市のHappy Farmでは「日本一のお芋屋さん!」を目指し、愛情を込めて丁寧に育てた、焼き芋にぴったりの甘くておいしいさつまいもを全国へ送料無料でお届けいたします。2kgからのセットですので、ご家庭用はもちろんのこと、飲食店さんなど業務用でのご購入まで対応いたします。

〒289-0113
千葉県成田市倉水76

070-8378-6714

営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日